ギャンブルする時間とお金があるなら別のことをした方が良い!

スポンサーリンク

ギャンブルを否定してるわけではなく…

私は、過去にギャンブル依存症だったのですが、それを今思えば、ギャンブルする時間とお金があったなら、別のことをした方が良かったと思うことです。

それは、ギャンブルのことを否定しているわけではなく・・・

たとえギャンブルをしたとしても、気分転換や息抜きやストレス発散などにギャンブルを利用するなら、それはそれでアリで良いと思います。

それは、そのことで気持ちを新たにして、仕事や生活などにメリハリなどを付けることができると思うからです。

気分転換や息抜きで収まらないのがギャンブル

しかし、ギャンブルすることで、気分転換や息抜きでは済まなくなり、多くの時間やお金を使ってしまったとしたら、それは無駄でしかないと思います。

人の時間は誰しも延々ではないですし、お金も誰しも無限にあるわけではありません。

その限りある時間とお金を使うのですから、全てが無駄だとは言いませんが、ギャンブルに多くの時間とお金をつぎ込むのは、無駄になることが多いと思います。

ですので、ギャンブルする時間とお金があるなら、それを語学や資格取得の自己投資などに回すとかすれば、仕事だったり生活の幅が広がると思います。

また、自己投資でなくても、旅行を楽しむとか親孝行するとか、そういったことの方が、時間とお金を有意義に使えると思います。

生活の幅が広がれば良いことが多くある。

そして、生活の幅が広がれば、人生においてもいろいろ幅が広がると思います。

例えば、語学を学び外国人と交流することで、異国の友達が多くできたり、海外旅行も語学ができれば、より楽しいと思います。

また仕事の幅が広がれば、できる仕事の幅も広がりますので、やれる仕事が多くなり、仕事をすることが楽しく思えることもあると思います。

そこで、ギャンブルする時間とお金があるなら、他に使った方が良いと言うこともあると言うことです。

ギャンブルは楽しいけど…

一方、ギャンブルで時間とお金を多く使ってみても、短期では儲かることもあると思います。

しかし、長期で考えればギャンブルで儲かることはなく、長くギャンブルを続ければ続けた分だけ、多くの時間とお金をドブに捨てることになります。

しかし、ギャンブル依存症の人は、そういったことを理解しようとしませんので、お金があればあるだけギャンブルにつぎ込んでしまいます。

それは、上記に書いた自己投資などするよりも、ギャンブルをした方が楽しいからです。

ギャンブルは百害あって一利なし

とにかく、ギャンブルは「百害あって一利なし」とまでは言いませんが・・・

ギャンブルは、趣味の範囲で楽しむものだと思いますので、ギャンブルをやるしにしても、趣味の範囲に留めるべきだと思います。

しかし、趣味の範囲で留まらせるのが難しいのが、ギャンブルですので・・・

そこで、ギャンブルを趣味の範囲に留めることが難しいと思う人は、下手にギャンブルには手を出さない方が良いと思います。

スポンサーリンク