ギャンブル依存症と戦うブログ

スポンサーリンク

ギャンブル依存症とは

ギャンブル依存症とは、精神疾患の1つで、キャンブル(パチンコ・パチスロ・競馬・競艇・競輪・オートなど)に依存してしまう病気のことです。

また、ギャンブル依存症とは、その名の通り生活のほとんどの時間をギャンブルに依存してしまうことです。

それは、寝ても覚めても仕事中でもギャンブルのことしか考えられず、お金を散財(財産をつぎ込む)をしてしまう行為のことです。

また、ギャンブル依存症になってしまうと上記に書いた散財以外にも、借金、仕事放棄、育児放棄、不眠症、イライラ、暴力的になるなど、ギャンブル依存症に対する弊害が起こる可能性もあります。

ギャンブルと趣味

ギャンブルは、趣味で楽しむ分には、ストレス解消や気分転換などができ良いものだと思います。しかし、熱中してしまうことで、知らず知らずのうちに依存症となってしまい、上記に書いた様な様々な弊害を起こしてしまいます。

それは、その名の通り「ギャンブル」ですので、お金が掛かっていることですので、我を忘れて熱中してしまうのは当然なのかもしれません。

何事も「適度」が良いとはわかっていても、ギャンブルだけに適度になることもできず、気付いたときには「依存症」になってしまうのだと思います。

最後に

かくいう私も、過去にギャンブル(パチスロ)依存症になってしまい、仕事の休みごとにパチスロに通う日々が続き、多くのお金と貴重な時間を失いました。

今後は、そのようなことがないようにギャンブルと上手く付き合って行きたいとの思いからこのブログを立ち上げました。

また、ギャンブル依存症を克服するための手助けが少しでもできればと思いこのブログを立ち上げました。つたないブログですが宜しくお願いします。

ギャンブル依存症記事一覧(サイトマップ)

スポンサーリンク