ギャンブルは一時の楽しみで後からジワジワ後悔が来る!

スポンサーリンク

ギャンブルをすることは悪いことではない。

ギャンブルと聞くと、悪いことばかりがいわれ想像されますが、ギャンブルをすることは、決して悪いことではないと思います。

それは、ギャンブルをすることで、暇潰しになったり、気分転換になったり、楽しい気分になったり、友達などと一緒に楽しむレジャーになったり・・・

そういったことなどがありますので、ギャンブルには悪い面ばかりではなく、良い面も多くあると思います。

しかし、ギャンブルをすることで、多くの時間を使ってしまったり、多くのお金を使ってしまえば、そのときは楽しいかもしれませんが、後々後悔することになると思います。

ギャンブルで後悔しないためには?

そこで、ギャンブルをして後悔しないためには、時間を決めてやるとか使うお金を決めてやるとか、そういった「決まりごと」みたいなものが必要になると思います。

しかし、決まりごとを作ってまでギャンブルをしても、心の底からギャンブルを楽しめないという人もいると思います。確かにそれは一理あると思います。

しかし、そういった決まりごとを作らないでギャンブルをすることは、無尽蔵に時間を使い無尽蔵にお金を使うことになってしまいます。

そして、最終的にギャンブルをしたとこで、無駄な時間を過ごしてしまったとか、無駄なお金を使ってしまったなど、後悔することになると思います。

時間とお金を決める!

ですので、もしギャンブルをするのであれば上記に書いたように、ギャンブルをする時間やお金を決めてするべきだと思います。

それは例えば、パチスロに行くなら、1万までしか使わないと決めて行くとか、午前中までに出なかったら諦めて家に帰るとか・・・

もしくは、競馬に行くなら6Rから最終レースまでやると決めて、1Rに使うお金は1000円までと決めてやるとか・・・

そういった、ギャンブルをする時間とお金を決めてやれば、ギャンブルで失った時間とお金を後悔することも少ないと思います。

ギャンブルは趣味の範囲で楽しむべき!

ギャンブルは、趣味の範囲でするものであって、大金を注ぎ込んだりましてやギャンブル依存症ともいうべく、病気になってまでやることではないと思います。

しかし、趣味の範囲でやるのが難しいのがギャンブルで、毎回趣味の範囲でギャンブルを楽しめるなら、ギャンブル依存症になる人などはいないと思います。

ですので、ギャンブル依存症にならないためにも、もしギャンブルをやるのであれば、ギャンブルをする時間や使うお金を決めてやるべきだと思います。

そうすることで、ギャンブルをしても後悔することは少ないと思いますし、ギャンブル依存症になることもないと思います。

スポンサーリンク