ギャンブル依存症と借金について

スポンサーリンク

ギャンブル依存症と借金

ギャンブル依存症と借金は、切っても切り離せない関係だと思います。

私の場合は、ギャンブルで借金はしませんでしたが、ギャンブルばかりをやっていたときは、ものを購入するときは、必ずカードまたローンを使って購入していました。

その浮いたお金といっては変ですが、一括で買わなかった余りのお金をギャンブルに注ぎ込んでいました。ですので、ローンの支払いで毎月ギリギリの生活をしていました。

自転車操業

また、どうしても生活費が足りないときは、食べ物などを買うときはカード払い(借金)をして自転車操業的な生活をしていました。

今考えると自転車操業とか典型的な自己破産のパターンを歩んでいたように思います。

しかし、私の場合は、借金の怖さを途中で気付いたのと、ギャンブルにそこまではまっていませんでしたので、自己破産まではしませんでした。

借金で首が回らなくなる

私の場合は、まだ軽い方でしたが、ギャンブル依存症の人の中には、借金のし過ぎで、銀行やカード会社から限度一杯まで借りてしまい、首が回らなくなってしまったなどの人も多数いると思います。

それ以外にも、親や知人や親戚などから借金をして周りに迷惑を掛けたり、勝手に家の財産(通帳、貴金属、権利書など)を持ち出して、それをお金に換えてギャンブルをしたり・・・

また、女性の場合には、借金をしてしまったために、キャバクラや風俗などで働くといったこともあるそうです。

ギャンブルでの借金は「百害あって一利なし」ですので、しない方が絶対に良いと思います。

最後に

借金は、有効に使うえばとても便利で重宝なものだと思います。もちろん便利で重宝とはいっても借金はしない方が良いと思います。

しかし、ギャンブルでの借金は「百害あって一利なし」ですので、最悪、身を亡ぼしかねないと思います。

ですので、ギャンブルで借金をしてしまったら、一日でも早くその借金と真剣に向かい合い、少しでも早く返せる方法を探す対応が必要だと思います。

当然、借金を返す前に、ギャンブルを止められるのが一番良いと思います。

スポンサーリンク