ギャンブル依存症の人はお金を持たない努力をすること!

スポンサーリンク

必要以上にお金を持たない

ギャンブルをしてしまう原因の1つに「お金を持っていること」が上げられると思います。

当たり前の話しですが、お金がなければギャンブルができません。逆をいえば、ギャンブルをやるにはお金が必要です。

ギャンブルをやるお金があるからギャンブルをやってしまうのであって、お金を持たなければギャンブルをやりたくてもできません。

そこで、ギャンブル依存症を治すには、不必要なお金は持たないこと。また、家にもお金を置かないことだと思います。

また、お金を借りられるカードの類、免許証や保険証などそれを提示することで、簡単に信販会社やサラ金などからお金を借りられてしまうようなものを持たないようにすることが得策だと思います。

必要以上の財布にお金は入れない

例えば、会社に行くにしても、お茶代や昼飯代で財布に1000円も入っていればことが足りると思います。

突発で、急な飲み会などが入った場合には、1000円だけでは足りないと思うので、そのようなときは基本的に飲み会を断る。

また、どうしても飲み会などに参加しなければならない場合には、恥じを忍んで「今日は持ち合わせがない」と、一時的にお金を借りる方法もあると思います。

そういった「お金を持たない努力」ができなかったからキャンブル依存症になってしまったんだ!といわれてしまうと返す言葉もないのですが、ギャンブル依存症を克服するには、とにかく努力するしかありません。

最後に

ギャンブル依存症を治すには、全く努力しないというわけにはいかないと思いますので、意志の強い人なら別ですが、やはりお金を持たない努力はする必要があると思います。

そこで、必要なお金はその都度キャッシュカードで下ろす。会社に行くときは、財布には最低限のお金しか入れずカード類は家に置いて行くなど、必要以上にお金を持ち歩かない努力が必要だと思います。

そんなお金を持たない習慣を付けることで、ギャンブル依存症を多少なりとも回避できると思います。

スポンサーリンク