長期休暇にギャンブルをしてしまうギャンブル依存の克服法

スポンサーリンク

長期休暇に連日ギャンブル

通常の土・日・祝の休みや、冬休みや夏休みなど長期休暇になると、ギャンブル依存症の人がしてしまうことは・・・

もちろんといっては何ですが「ギャンブル」になると思います。

それは、通常の休みや長期休暇で、暇で時間を持て余してしまい、ギャンブル依存症の人がやってしまうのが、ギャンブルになるからです。

ですので、ギャンブル依存症の人には、特に長期休暇は「鬼門」になると思います。

旅行に行けばギャンブルはやらない。

そこで、ギャンブル依存症の人が、長期休暇にやるべき行動とは・・・

それは、例えば旅行などの用事を入れてしまい旅行に行けば、旅行先でわざわざギャンブルをする。ということはないと思います。

それでも、旅行先でパチンコ屋などに行ってしまうという人は、ギャンブルができないような場所に行くのが良いと思います。

その場所とは、例えば田舎の温泉地に行くとか、山登りに行くとか・・・

そういった場所なら、キャンブルができる環境がありませんので、ギャンブルをしたくてもできないと思います。

その他のギャンブルをやらない方法

もしくは、旅行に行くなら海外も良いと思います。ただし、カジノなどギャンブルができるところに行くのは厳禁でご法度です。

また、旅行以外では、家族でどこかに出掛けるとか、ギャンブル以外の趣味(好きな映画を見まくるとか)に没頭するとか・・・

そして、ギャンブルにお金と使うぐらいなら、旅行でも家族と出掛けるでも、そちらの方がトータルでは安上がりになると思います。

とにかく、長期休暇にギャンブルをしない方法は、いろいろあると思います。

長期休暇になるとギャンブル依存症の人は、ギャンブルをやりがちになると思いますので、特に注意が必要になると思います。

注意が必要といっても…

とはいえ、ギャンブル依存症の人が注意したからといって、ギャンブルを止められれば苦労しないわけで・・・

どんなに注意したところで、ギャンブルをしてしまうから苦労しているのであって、注意しろといわれても無理な話しだと思います。

私自身もかつては、長期休暇になるとお金を握りしめ、連日パチスロを打っていました。

しかし、このブログで何度も書いていますが、没頭できる趣味を見つけたことで、ギャンブル依存症を克服することができました。

趣味でギャンブル依存症を克服

ちなみに、上記に書いた私の趣味とは「ネット」(インターネット)になります。

ネットをすることで、例えばブログを書いたり、映画を見たりしていると、あっという間に時間が過ぎてしまいます。

そこで、ギャンブルをやる暇がなくなり、徐々にギャンブルから足が遠のきました。

ですので、ギャンブル以上に没頭できる趣味を持つのは、ギャンブル依存症を克服する方法の一つになると思います。

ギャンブル依存症ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!