ギャンブル依存症だった私の趣味は今でもギャンブルです。

スポンサーリンク

1日で最高15万円損する。

その昔、私はパチスロ(ギャンブル)で散財していました。

そして、1日に最高に損した額は、ハッキリとした記憶はありませんが、確か15万円ぐらいだったと思います。

そして、15万円といえば少し足りないですが、私の1ヶ月分の給与(手取り)に相当する額になります。

また、私の労働時間は「1日8時間×20日=160時間」になりますので・・・

15万円といえば、160時間の労働時間を足ったの1日で、捨てたことになります。

数日後には忘れてパチスロへ

1日で15万円も損したときは、さすがにへこみました。

しかし、数日後には、15万円も損したことを忘れて(忘れたフリをして)、またパチスロを打っていました。

そのことを今考えると、正気の沙汰とは思えません。

そして、当時はまたギャンブルで取り返せばいいや!ぐらいにしか思っていませんでした。

それは、完全に私はギャンブル依存症だったということです。

自分がギャンブル依存症とは気付かず

当時、ギャンブル依存症という言葉は、私が知る限りではなかったと思います。

ですので、自分がギャンブル依存症だとは、全く気付いていませんでした。

それは、他の人よりもギャンブルが大好きな、どこにでもいる多数の中の一人、という認識でしかありませんでした。

そこで、当時ネットがあったり、ギャンブル依存症という言葉があったとしたら・・・

もしかしたら、私はギャンブル依存症から、抜け出せていたのかもしれません。

ネットとの出会い

そして、時が流れネットが普及することで、パチスロよりもネットに夢中になりました。

そのことで、自然にパチスロから足が遠のいて、ギャンブル依存症から抜け出すことができました。

ただ、今ではギャンブルを全くやらないのかいわれると、決してそうではありません。

それは、今でもパチスロをしたり競馬をしたり、することもあるということです。

しかし、ギャンブル依存症だった当時と比べると、ギャンブルに行く回数は、圧倒的に減りました。

最後に

ということで、ギャンブルは今では、私の趣味になります。

そして、ギャンブルに行く回数は、3ヶ月に1回とか半年に1回とかになりますので、年に数回行く程度です。

そして、元ギャンブル依存症が一度でもギャンブルをやってしまうと・・・

ギャンブル依存症に、また戻ってしまうという人もいると思います。

しかし、私の場合はそういったことはなく、今ではギャンブルと上手く付き合っていると思っています。

ギャンブル依存症ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!