ギャンブルでお金を失っても屁とも思わないギャンブル依存症

スポンサーリンク

1000円の価値について

例えば、道端に1000円落としてしまったら?

大抵の人は、1000円落としたことに、ガッカリすると思います。

しかし、ギャンブルで同じ1000円を失っても、そうガッカリすることはないと思います。

もちろん、両方とも同じ1000円ですので、失うことは痛いと思います。

それでも、ギャンブルだと「ギャンブルだから仕方がない」と諦めが付くと思います。

そこで、道端に落とす1000円よりも、ガッカリ感は少ないと言うことです。

ギャンブルではお金を失うことが普通

例えば等価のパチスロで、1000円分のメダルを買うとします。

その1000円分のメダルだけで、777がそろうことは、ほとんどないと思います。

その結果、1000円、2000円、3000円……、と使うことになると思います。

そして、仮にパチスロで1万円失っても、それほど痛いと思うことは少ないと思います。

なぜ痛いと思うことは少ないのか?

それは、パチスロで1万円失うことなど、普通に良くあることだからです。

ギャンブルはお金の価値感を失う

パチスロで1万円失っても痛いとは思わない。

それは、ギャンブルでは簡単に多くのお金を失ってしまうと言うことです。

さらに、1万円以上の多くのお金を失っても、ギャンブルでは普通によくあることです。

そこで、そうなってたとしても、ガッカリ感は少ないと思います。

そして、そんなことを何度も何度も繰り返していると、後にお金に対する価値感も失ってしまいます。

そして気付いたときには、ギャンブル依存症になっています。

お金を失うことを惜しいと思うこと!

そこで、ギャンブル依存症にならないようにするためには?

それは、ギャンブルでお金を失うことを「惜しい」と思うことです。

そして、ギャンブルでお金を失うことを惜しいと思えれば、ギャンブルすることもなくなると思います。

ですので、道端に落とした1000円も、パチスロで失う1000円も、同じ1000円と思うことです。

また、道端に落とした1000円だけが惜しいのではなく、パチスロで失う1000円も惜しいと思うことです。

最後に

そう言ったことをしっかりと踏まえて、ギャンブルすることです。

そして、ギャンブルでお金を使うことが惜しいと思えれば、ギャンブルしたいと思うことは、そうないと思います。

なぜならば、ギャンブルは「お金を損するようになっている」からです。

そうすれば、ギャンブル依存症になることもないと思います。

ギャンブル依存症ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!