ギャンブルの負けはギャンブルで取り返すギャンブル依存症

スポンサーリンク

ギャンブルの負けはギャンブルで取り返す!

以下、ギャンブル依存症で、私がパチスロにハマっていたときの話しになります。

それは、私がギャンブル依存症になっていた当時は、パチスロでの負けは、パチスロで取り返せば良いと思っていたことです。

それをわかりやすく書くと、例えばパチスロに行って1万負けたとします。

しかし、1万負けたことにめげることなく、またパチスロに行って、今度は1万以上勝てば良いと思っていたということです。

次に行けば勝てるはない!

しかし、次にパチスロに行けば、1万以上勝てるという保証は当然どこにもありません。

ですので、逆に1万負ける可能性もあり、むしろ負ける可能性の方が大きく、仮に1万負ければ合計で2万負けることになります。

それは、今だからこそ冷静に考えることができますが・・・

しかし、当時はギャンブルに行きたくて、負けても次行けば勝てると自分にいい聞かせ、ギャンブルをする口実を作っていました。

負けに負けを重ねるギャンブル依存症

そして、1万の負けが3万の負けになり、3万の負けが5万の負けになり、5万の負けが10万の負けになり・・・

気付いたときには、取り返せない額の負けになっていました。

そこで、ギャンブルしたことを後悔するのですが「後悔先に立たず」で、後悔したところで、今まで負けたお金が戻って来ることはありません。

しかし、後悔もその一時のことだけで、数日も経つと忘れてしまい、またギャンブルをしてしまいます。

それが、ギャンブル依存症という病気だということです。

ギャンブルの負けは取り返せない。

ギャンブルの負けは、ギャンブルで取り返せばいいなんて都合の良い話しで、そんなことができた人を話しには聞きますが、実際私は知りません。

そして、ギャンブルの負けがギャンブルで全額戻って来ることなど、相当運が良くなければあり得ないことです。

それは、競馬で誰も買わないような馬券に当たるとか、宝くじで大金が当たるとか、その類の確率になると思います。

そんな人生で大逆転が起きるなど、それはドラマや映画などの非現実の世界の話しで、ギャンブルの負けは負けでしかないということです。

スポンサーリンク