ギャンブル依存症を撲滅するにはギャンブルをなくせば良い!

スポンサーリンク

ギャンブルを止めるしかない

ギャンブル依存症の人が、ギャンブル依存症を治すには、ギャンブルを止めるしかない。

しかし、日本ではギャンブルができる環境にあるので、ギャンブルをやってしまう。

それが、ギャンブル依存症の人がしてしまう行動になると思います。

例えば、パチンコでギャンブル依存症になってしまい、日本からパチンコが消えたとします。

そこで、ギャンブル依存症が治ると思いきや、そんなことはありません。

パチンコがないとどうなるのか?

パチンコができなくなってしまったので、今度はパチスロをすることになります。

もしくはパチスロではなく、競艇とか競馬とかオートとか、パチスロに変わるギャンブルをすることになります。

ギャンブル依存症の人は、ギャンブルにお金を掛けて、勝つ快感が忘れられないだけ。

だからギャンブルと名が付けば、お金を掛けるベースは何でも良い。

もちろん、一番好きなギャンブルでお金を使えるのが、ギャンブル依存症の人には至福になります。

ギャンブルが消えれば良い

そして、ギャンブル依存症を撲滅するには、ギャンブルの類が日本から消えれば良い。

しかし、日本から仮にギャンブルが消えたとしても、海外に行けばギャンブルをすることができます。

そこで、ギャンブル依存症を撲滅するには、日本だけでなく世の中からギャンブルの類が、全て消える必要があります。

とはいえ、海外に行ってまでギャンブルをする人は、少ないと思います。

そこで、日本のギャンブルが消えただけでも、ギャンブル依存症の相当数が減ると思います。

しかし、ネットカジノがありますので、一般的なギャンブルができなくても、そういったのに手を出す人もいると思います。

ギャンブルをなくすことはできない。

また、ギャンブル関連の仕事で生活している人がいますので、ギャンブルをなくすことはできないと思います。

例えば、パチンコを作るメーカーに勤務する人、パチンコ屋で働いている人

競艇場を運営している市区町村、そこに勤務する従業員やバイトやパート

また、ボートに乗る競艇選手、自転車に乗る競輪選手、バイクに乗るオート選手など

さらにそこには、奥さんや子供など家族がいて、そういった人を含めると、多くの人がギャンブル関連で生活しています。

ガチガチに規制するしかない

ギャンブルがなくなれば、ギャンブル依存症もなくなると、誰もがわかると思います。

しかし、経済活動の一環として日本では、ギャンブルが定着していることで、ギャンブルをなくすことはできません。

それでも、ギャンブル依存症になることで、多額の借金をしたり、離婚したり・・・

ときには、借金で首が回らなくなってしまい、自殺してしまう人さえいます。

そういった人などのことを考えると、日本からギャンブルの類は、なくす方向で考えるべきだと思います。

もしくはガチガチに規制することで、ギャンブル依存症を減らすことができると思います。

ギャンブル依存症ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!