ギャンブル依存症は人によっては一生治らないことも!

スポンサーリンク

百害あって一利なし

一度でもギャンブル依存症になってしまうと、人によっては一生治らないこともあります。

もちろん、ギャンブル依存症が治る人もいます。

その確率は、どの程度になるかわかりませんが、ギャンブル依存症は「百害あって一利なし」ということです。

そこで、ギャンブル依存症は、早期的な治療が必要になると思います。

自覚する人は少ない

しかし、早期的な治療が必要といっても、自分がギャンブル依存症だと、気付いて自覚している人は少ないといいます。

それは、ギャンブルにのめり込んでいても、それが病気だとは気付かないからです。

そして、身内にいわれたり、友達にいわれたり、病院でカウンセリングを受けたり、ネットで調べてみて・・・

そこで自分がギャンブル依存症だと、初めて気付く人が多いそうです。

借金してまでギャンブルをする人

ということは、ギャンブル依存症だと一生気付かない人もいるということです。

そこで、ギャンブル依存症が一生治らない人もいるということです。

また、仮にギャンブル依存症だとわかっていても、一生治らない人もいます。

例えば、自分がギャンブル依存症だとわかっていても、お金があるとついギャンブルをしてしまうとか・・・

もっと酷い人になると、借金してまでギャンブルをしてしまうという人もいます。

カウンセリングを受ける

そこで、定期的にギャンブルをする人は、病院などで一度カウンセリングを受けることをお勧めします。

そうすれば、自分がギャンブル依存症かどうかわかると思います。

そして、もし自分がギャンブル依存症でなければ、それはそれで安心すると思います。

また、カウンセリングでギャンブル依存症だとわかれば、そこで治療する方法がわかる可能性があると思います。

また、カウンセリングを受けた病院などに、相談することもできると思います。

最後に

とにかくギャンブル依存症は、一生治らない病気になる可能性があります。

そこで、ギャンブル依存症は、それだけ重大な病気だということを自覚することです。

また、少しでも早くから治療することが、先決になると思います。

そのためには、自分がギャンブル依存症なのか、それを早く知る必要があると思います。

その上で治療方法が見つかれば、ギャンブル依存症が治る可能性があると思います。

ギャンブル依存症ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!