ギャンブルで作った借金がある人はギャンブル依存症になる傾向が強い。

スポンサーリンク

ギャンブルは趣味の範囲で楽しむべき

ギャンブルは、出せる範囲のお金で楽しむなら、趣味として良いと思います。

しかし、ギャンブルはお金が絡んでいますので、趣味の範囲で終わらなくなってしまう人もいると思います。

例えば、ギャンブルで失ったお金を、ギャンブルで取り戻そうとして・・・

そんなことをしているうちに、徐々に深みにはまってしまい、さらに多くのお金を失ってしまうことになります。

ギャンブルで失ったお金は戻って来ない

そうなってしまったら最後、失ったお金を取り戻すことはできません。

そして、お金を多く失い気付いたときには、ギャンブル依存症になってしまっていた。という人も少なくないと思います。

そこで、ギャンブル依存症とお金の問題は、切っても切り離せないと思います。

そして、借金している人の中には、ギャンブルで借金してしまった。という人が多くいます。

ギャンブルは負けが負けを呼ぶ

それは、始めは少ない額で遊んでいたギャンブルも、負けを取り戻そうとして、徐々に額が大きくなてしまい・・・

気付いたときには、多くのお金を失っていた。という人もいるということです。

そのことで、生活が苦しくなったなどで、借金してしまう人もいるということです。

また、ギャンブル以外で作ってしまった借金を、ギャンブルで帳消し(チャラ)にしようと考える人もいます。

ギャンブルで借金を清算するのは無理

例えば、知り合いの連帯保証人になり、知り合いに逃げられたことで、借金をかぶってしまったという人もいると思います。

そして、その借金ことを家族や親戚など、周りの人にいうことができず、ギャンブルで勝って何とか清算しようと考える人もいます。

しかし、ギャンブルで勝てることなどなく、ましてや大金ともなれば、ギャンブルで借金が清算できるはずもないことです。

そして、ギャンブルで借金に借金を重ねてしまい、最終的に借金で首が回らなくなってしまい、はじめて周りに相談するケースもあります。

ギャンブルはやらないに越したことはない

借金を抱えている人の中には、ギャンブルが問題になっている。という人も多くいます。

そして、ギャンブルでさらに借金が増えてしまう。という人も多くいます。

そこで、ギャンブルは「百害あって一利なし」とまではいいませんが、やらずに済むならやらないに越したことはないと思います。

もしくは、どうしてもギャンブルがしたいなら、繰り返しになりますが、趣味の範囲でやるべきだと思います。

ギャンブル依存症ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!