なぜギャンブルを止めたいと思っても止められないのか?

スポンサーリンク

ギャンブルを止めたいけど止められない。

ギャンブルを趣味の範囲で楽しんでいるという人は、ギャンブルをしても良いと思います。

しかし、給与のほとんどをギャンブルに注ぎ込んでいるとか、借金してまでギャンブルをやるとなると、趣味の範囲では済まされないと思います。

そして、そういった人の多くは、ギャンブルを止めたいと思っていると思います。

しかし、そこまでギャンブルにハマってしまうと、止めたくても止められなくなってしまうのが、ギャンブルになると思います。

ギャンブルをしてしまう理由

なぜ、ギャンブルを止めたくても止められないのか、それには理由があるからです。

例えば私の場合は、ギャンブルで勝ったときの高揚感みたいなものが忘れられず、ついギャンブルに行ってしまうというのがありました。

また、土・日・祝になると仕事が休みで何もすることがなく、暇潰しにギャンブルに行ってしまうというのもありました。

それ以外にも、日頃の仕事などのストレス解消に、ギャンブルをしていました。

ギャンブルを止める方法

私のように、ギャンブルにハマる人のほとんどは、ギャンブルをしてしまう何かしらの理由があると思います。

そこで、ギャンブルを止めるにはどうしたら良いのかというと、それはギャンブルをしてしまう理由を1つ1つ取り除けば良いということです。

それを上記の私の例でいうなら、暇な時間にギャンブルをしてしまうので、暇な時間を作らないようにするとか・・・

また、ストレス解消もギャンブルではなく、スポーツとか旅行とかギャンブル以外の別のものですれば、ギャンブルに行かなくても済むということです。

ギャンブル脳はとてもやっかい

しかし、ギャンブル依存症になってしまうと、私もそうだったのですが、脳がギャンブル一色になってしまい・・・

仕事をしていても、テレビを見ていても、何をしていても、ギャンブルのことばかり考えてしまい、ギャンブルがやりたくて仕方がなくなってしまいます。

それは、暇な時間を作らなくても、ストレス解消にスポーツや旅行をしても、考えることはギャンブルのことばかりになるということです。

そして、最終的に我慢できずギャンブルに行ってしまい、さらにギャンブルにのめり込むことになります。

ギャンブル以上に好きなことを探す。

そこでギャンルブを止めるには、ギャンブル以上に好きな趣味を持つとか、やりたいことを探すななどのことが必要になると思います。

その必要なことは、仕事だったり、上記に書いたスポーツでも旅行でもネットでも何でも良いと思います。

とにかく、ギャンブル脳にならないように、ギャンブルよりもやりたいことを見つけることが、ギャンブルを止める1つの方法になると思います。

そして、ギャンブル以上にやりたいことが見つかれば、自然とギャンブルに行く足が遠のくと思います。

スポンサーリンク