禁パチしても禁スロしてもギャンブル依存症は治らない!

禁パチ禁スロしてもギャンブル依存症は治らない

ギャンブル依存症の人が、よくやることといえば・・・

禁パチとか禁スロとか、パチンコやパチスロなどのギャンブルを禁止することです。

そして、禁パチ10日とか禁スロ30日とか、禁止する期間が長くなれば長くなるほど・・・

ギャンブルを止められるとか、ギャンブル依存症が治り克服できるとか、そんなことを錯覚すると思います。

根本的な解決にはならない

しかし、ギャンブルを止めるだけでは、ギャンブル依存症の問題解決には、根本的にならないと思います。

というのは、ギャンブル依存症を治すには・・・

ギャンブルに変わる、大切とか大事な何かがなければ、大抵の場合は、ギャンブルをまた再開してしまうと思うからです。

それは、禁止する期間が長くても短くても、期間に関係なく同じだと思います。

熱中できる何かを手に入れる

ギャンブルに変わる大切な何かとは、例えばギャンブルを止められるぐらい、仕事に熱中するとか・・・

そのとこで、仕事が忙しくなり、ギャンブルをする暇がないとか・・・

そして、ギャンブルに行くより仕事の方が、優先になるなどのことです。

もしくは、ゲームにハマしてしまい、ギャンブルする時間があるなら、ゲームがしたいなどと思うことです。

無駄ではないけど無駄

それ以外にも、ギャンブルで多額の借金をしてしまい、二度とギャンブルはやりたくない!と思うとか・・・

結婚したのを機にギャンブルよりも、家庭を大切にしようなどと思うことです。

とにかく、ギャンブルより大切に思う何かがない限り、禁パチしようが禁スロしようが、無駄だということです。

無駄というのは、少し言い過ぎかもしれません。

しかし、禁パチとか禁スロとかそれだけのことで、ギャンブル依存症が治るのは、多くの場合ないことだと思います。

最後に

それは、私が実際に禁スロしても、パチスロが止められなかった経験が、何度も何度もあるからです。

そして、禁スロしても数週間後とか数ヶ月後とかには、お金ができるとまたスロットに行ってしまいました。

結局私の場合は、このブログに何度も書いているのですが・・・

ネットに出会ったことで、ネットに興味が移ることで、ギャンブルに行かなくなり、ギャンブル依存症を克服しました。

ギャンブル依存症ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!