ギャンブル依存症の治療方法について

スポンサーリンク

自分で治す

ギャンブル依存症の治療方法として良いと思うのは、ネットなりその手の専門書を読むなりして、自分で治せることが一番良いと思います。

それは、誰かに頼らず自分で治せるということは、ギャンブル関連で何かあっても自分で治せるということだし、何よりお金と時間の無駄が極力少なくて済むと思うからです。

しかし、どうしても自分で治す方法が見つからないという人は、心療内科などのギャンブル依存症専門の専門医に心理療法などを行なってもらうことが有効的だといわれています。

専門医に相談する

ギャンブル依存症は、中毒性がありますので、例えばパチンコなら「777がそろったときの優越感」や「勝ったときの解放感」などを脳が感覚で覚えてしまい、ギャンブルを止めたくても止めれなくなりギャンブルを繰り返してしまいます。

それは、一種の「脳の問題」だともいわれています。その脳の問題を個人で解決しようと思っても難しいのかもしれません。

ですので、場合によっては、専門医などに相談するのが、人によっては、最も良い治療方法なのかもしれません。

意志の問題

ギャンブル依存症のほとんどの人は、意志の弱い人であり、その弱い意志を改善すべく専門医の治療を受けることで、個々の症状に合った治療を受けることができます。

ただし、ギャンブル依存症は、最終的に意志の問題だと思いますので、病院に通おうが何をしようが、意志の弱い人がギャンブル依存症を治そうと思うと、それ相応の大変な努力が必要になると思います。

そこで、ギャンブル依存症を治す方法は、自分に合った治療方法を見つけることとギャンブルを止めるんだという強い意志を持つことが大切だということです。

最後に

ギャンブル依存症は「心の病気」ともいわれていますが、私の実感としては、それはどうなのかな?と思います。

それは、心の問題ではなく最終的には、やはり本当にギャンブルを止めたいという意志の問題だと思います。

ギャンブル依存症を治すには、その弱い意志を改善すべく、ギャンブル依存症に関することをネットで探してみたり、専門書を読んでみたり、専門医に通ってみたりと、その辺の自己努力が必要だし大切だと思います。

スポンサーリンク