私がギャンブル依存症になった経緯とは?

スポンサーリンク

ギャンブルを始めたのは大学生のとき

私がギャンブルを始めたのは大学生のときでした。

同じ大学の悪友に誘われパチスロへ、初めは、その友達がやるのを見ていただけでしたが、そのパチンコ屋の店員からの暗黙の無言のプレッシャーが・・・

その後、しびれを切らした店員から「やらないなら帰れよ!」といわれ、仕方なく5千円ほどやるも一度も当たらずに終了

今では考えられませんが、当時のパチンコ屋の店員は、今とは違い横柄な人が大勢いて、平気で罵声を上げるような店員も中にはいました。

友達が大勝

そして、一緒に行った友達は大勝して、私が負けた5千円を待機料(待ち代)と称してくれました。

それ以外にも、その友達からご飯もおごってもらい、パチスロって、短時間でこんなに簡単に儲けられるものなのかと、そのときに思ったのを覚えています。

その後、その大勝した友達に感化され、何度かその友達とパチスロに通うようになり、実際にパチスロを打つようになり、パチスロのノウハウを覚えました。

パチスロにハマる。

その後、パチスロにハマってしまい、勝ったり負けたりでトータルではトントンだったのですが、あの「BIG」(777)がそろったときの感触が忘れられず・・・

そして、初めて友達にパチスロに誘われてから1か月後には、1人でパチスロに行くようになっていました。

それからは、パチスロに通う日々が続き、寝ても覚めてもパチスロのことしか考えられない状態になり、暇さえあればパチスロに行くような状態になっていました。

次第に投資が多くなる。

パチスロに行き始めのころは、多いときでも1万円も使ったら、出ても出なくて帰るような感じだったのですが・・・

その1万円が2万円となり、2万円が3万円となり、気付いたときには、今まで貯めた貯金を切り崩してまでやるようになっていました。

それは、大学を卒業した社会人になってからも続き、30歳を過ぎるぐらいまでは、全てのお金をパチスロに捧げるみたいな生活を送っていました。

今では、ほとんどパチスロを打たなくなりましたが、十年ぐらい前までは、狂ったようにパチスロを打っていました。

スポンサーリンク