ギャンブル依存症の問題は一生付いて回わる!?

スポンサーリンク

ギャンブル依存症を克服するのは難しい。

私は、運良くギャンブル依存症から抜け出し克服できたと思っています。

しかし、今でも趣味程度に数か月に1度程度でキャンブルをしますし、ギャンブルのことを考えないときはありません。

そう考えると、以前よりもギャンブルをやる回数が格段に減っただけで、もしかしたらギャンブル依存症を克服できていないのかもしれません。

ギャンブル依存症は一生付いて回る。

例えば、タバコやお酒などは依存症になりやすく、一度覚えてしまうとなかなか止めることができないと思います。

仮に、それらを止められたとしても、一生に渡り禁断症状が出てしまう病気で、止めた後に一度でもやってしまうと、また元に戻ってしまい依存症になってしまうこともあると思います。

それは、ギャンブル依存症も同じで、一度ギャンブルを覚えてしまうと、その後止められたとしても、一度でもギャンブルをしてしまうと、またいつでも再発して元に戻ってしまう病気だと思います。

ですので、ギャンブル依存症は、一生に渡り付いて回る問題だと思います。

いつでもギャンブル依存症に戻れる。

今の私は、ギャンブルに使うだけのお金がないのと、これ以上お金は失いたくないので、ギャンブルをやりたくてもやれない状態です。

これは、たまたまお金がなくてギャンブルをやっていないだけで、もし多く使えるお金があれば、またいつでもギャンブル依存症に戻る気がします。

ですので、ギャンブル依存症を克服できたとしても簡単に元に戻れるということです。

最後に

駅前にはパチンコ屋が散乱し、ネットでは、馬券や車券や舟券などをいつでも購入できます。

日本に住んでいる限り、いつもで365日年中無休でギャンブルができる状態にあるわけで、ギャンブルの誘惑は常に付いて回ります。

そのようなギャンブルの誘惑を打消しギャンブル依存症と共に生きる。それが、ギャンブル依存症になってしまった人の宿命だと思います。

そして、ギャンブル依存症に1度でもなってしまうと、一生に渡りギャンブル依存症のことが、ついて回って来てしまうと思います。

スポンサーリンク